■チャプターメニュー付DVD作成/ブルーレイディスク作成
■メニュー画面 操作解説ビデオ
■トップメニューとチャプターメニューの違い
■個人アルバムと通しDiscの違い
ビデオドレッサー
ブルーレイディスク制作・DVD制作
全てのコンテンツを表示する為に、ActivXコントロールを許可して下さい。  BACK


■Web Video


動画検索サイト
YouTube



ピティナ(PTNA)のページ

アルカスピアノコンクール

川本ピアノサービス
入賞者記念コンサート

ビデオドレッサー
TEL 072-770-1697
FAX 072-770-1697
info@video-dresser.net

ブルーレイディスク作成・DVD作成 :ハイビジョンマルチカメラビデオ撮影による

結婚式,発表会,演劇,リサイタル,コンサートなどのブルーレイディスク作成DVD作成

■チャプターメニュー付DVD作成/ブルーレイディスク作成
 ビデオ撮影の仕事は、必ずお客様にビデオをお見せするか、何らかの形で映像をお渡しする事が前提となりますので、
最終の納品形態や、ジャケット印刷に至るまでをビデオ制作と考えなければなりません。
2カメラハイビジョンビデオ撮影(マルチカメラビデオ撮影)による映像を品位のある商品として、DVD、ブルーレイディスクを作成する際には、単に家庭用DVDレコーダにダビングしただけのものでは無く、Disc Authoring作業により、メニュー画面付きのDVD作成・ブルーレイディスク作成を行います。大手の映画会社が販売するDVD制作では、全てがチャプターメニュー画面をもち、操作が簡単で、おしゃれに作成されています。
 当ビデオドレッサーでも全てのビデオ撮影を、チャプターメニュー画面付のDVDや、ブルーレイディスクとして作成しますので、結婚式,発表会,演劇,リサイタル,コンサートなどのビデオ撮影には、最適なDVD制作です。
 ブルーレイディスク作成では、ビデオ再生中でも、次の映像にジャンプできるポップアップメニューを作成致しますので、
DVDよりも、さらに便利な操作が可能です。
 貴重な記念映像をマルチカメラビデオ撮影により、ドラマチックでおしゃれなDVD、ブルーレイディスクを作成致します。


メニュー画面 操作解説ビデオ  640×360pix.  YouTube_VideoDresser_Channel
協力:宮村音楽教室 守山俊吾&エウフォニカ管弦楽楽団    FreeVideoCoding.com

▲Page Top メニュー解説ビデオ 個人アルバムと通しDisc Home BACK


トップメニューとチャプターメニュー、ポップアップメニューの違い
 DVDやブルーレイディスクを作成する際には、メニュー画面を作成する事がビデオドレッサーの標準です。
トップメニューは、1枚のディスクにテーマが異なる複数のビデオが存在する場合に、そのテーマを選ぶためのものですが、1テーマの中で更に細かく映像シーンを選ぶためのものがチャプターメニューです。ブルーレイディスクのみ、再生中でもチャプタメニューと同じ内容を表示して操作する事ができるポップアップメニューを備えています。
■トップメニューとチャプターメニュー、ポップアップメニューの違い  (例:ピアノ発表会のDVD制作)
 トップメニュー画面
この例は、毎年行われるピアノ発表会の
場合で、年度(日時)が異なる4本の
映像を1枚のディスクにまとめています。
右下の子画面を選択すると、
下記のチャプターメニュー画面に
切り替わります。
 このディスク制作は、ピアノ発表会のみなら
ず、バレエ、ダンス、舞踊、その他の発表会に
は最適です。
●対応:DVD、BD-R

 チャプターメニュー画面

曲名を選択すると、ビデオ再生が始まります。

●対応:DVD、BD-R

 ポップアップメニュー画面

ビデオ再生中に表示、操作する事が
出来ますので、ビデオ再生しながら
次に見たいビデオの頭だしが出来ます。
●対応:BD-Rのみ
※実際のDVD、ブルーレイディスクではメニュー背景、子画面は共に動画で、モーション・メニューと呼ばれるタイプです。

▲Page Top メニュー解説ビデオ 個人アルバムと通しDisc Home BACK


■個人アルバムと通しDiscの違い (ブルーレイディスク/DVD)
 定期的に行われるイベントで、ピアノ発表会や、ダンス発表会、カラオケ発表会、ピアノ・コンクール等では、多くの出演者が順々に入れ替わって舞台に立たれる事が多く、出演者個人にとっては5分〜10分程度の出演時間になる場合がほとんどです。
 これらの全部を1枚のDiscに収録すると、ご自分の映像を捜さなければ観る事が出来ませんが、個人用Discでは、Discタイトルが個人名となり、その人の部分のみを切り出し編集し、更に、毎回のイベントを追加しながら1枚のDiscに収めますので成長記録や記念、履歴として最適です。
 一方、リサイタルや、演劇等では、ストーリーに沿って何度も舞台に立たれる事が多いので、連続的な収録による通しDiscの方が適しています。ピアノ発表会やコンクール等の通しDiscでは、イベント名は第○○部という様に、その内容全体を指すDiscタイトルとなり、ご自分の映像と共に他の出演者の映像もご覧頂く事が出来ます。
 両者ともトップ・メニューチャプタ・メニューを備えており、頭だしが簡単に出来ます。
※ブルーレイディスク(ハイ・ビジョン)では、動画再生中でも表示可能なポップアップ・メニューもご利用頂けます。

拡大:画像クリック ↓

※1 個人アルバム(個人用Disc)の過去の映像収録は、技術的制約が非常に多いため、
保障外の無料サービスとしています。不具合等につきましては一切の責を負いませんので、オマケ程度のものとご理解下さい。

※2 お申込時のお電話番号は、個人用Discの過去の映像を検索するためのKeyとなっていますので必ずご記入下さい。

▲Page Top メニュー解説ビデオ 個人アルバムと通しDisc Home BACK